福島県危機管理センターオープン・思い出す5年半前の大震災と原発事故

dscn60299月28日、福島県危機管理センターが福島県庁内・新庁舎の2階にオープンしました。災害発生時に災害対策本部を速やかに立ち上げ、各関係機関や県内各市町村とネットワーククでつながり災害情報を一元的に集約し迅速な対応を実施する仕組みです。dscn6022

実践や訓練研修などの開催を通じて、県民の理解を深め防災力を高める役割もあります。dscn6028

月曜日から金曜日の9時~16時まで見学ができます。電話024-521-8651(年末年始・祝祭日を除く)dscn6026

 

5年半前の大震災・原発事故のときは、本庁舎が使えなくなり、県庁隣の自治会館に移動してしのぎました。狭いところに200人からの人が入りマスコミ関係者も廊下にいる有様で、まるで野戦病院のようでした。危機管理センターが必要とされないことをねがうものです。

dscf01491dscf01611

2011年3月30日・大震災原発事故後の自治会館内の様子。暗くて狭くて、あちこち配線が通り、食べ物の残りとか、もうなんと言っていいか・・・まるで野戦病院か?と言うような状況でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください