「学校給食費の無料化は設置者の判断」と教育長、「無料化支援を行うべき」と吉田議員が総括質問

12日、総括質問に日本共産党からは吉田えいさく議員が行いました。福島県内で学校給食費の無料化や一部支援を行っている町村の一覧表を示して、教育長に給食費問題で質問しました。教育長は今までの質問に対し「学校給食法により保護者負担と決められている」と答弁していましたが、今回ははっきりと学校給食費の無料化を行うかどうかは「設置者(市町村)の判断」と答弁しました。img_0232

学校給食費の無料化のために市町村を支援すべきと言う質問には否定的でしたが、市町村に対し無料化は法律違反的なことは言えなくなりました。各市町村で住民の皆さんと運動することが大事だと思います。dscn3241

高校生の皆さんが傍聴に見えていました。吉田議員は、福島第二原発の廃炉実現にどう取り組むか、核燃サイクル中止、石炭火初建設を認めないこと、TPP承認中止を求めることなども質問しました。dscn3249

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください