福島県議会2月定例会開会。避難者の住宅支援継続を・被団連。

2月14日、福島県議会2月定例会が開会しました。知事が議案提案に関して要旨を説明しました。二人の自民党所属の議員の辞職願が受理されました。それぞれ地元の首長選挙に立候補予定のためと報道されています。会期は3月17日までの32日間です。

SONY DSC

議会の前に、原発被害者団体連絡会の方々が、(自主)避難者の住宅支援継続を求めて、県庁入り口でアピールしてたので激励に行きました。原発事故で避難したのに住宅打ち切りは大問題です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です