福島第二原発廃炉は県民集会を開き実現を・避難者の住宅支援は継続を・復興名目の小名浜人工島建設はやめよ・日本共産党代表質問

23日、福島県議会2月定例会の日本共産党・宮本しづえ議員の代表質問でした。大震災・原発事故から6年、福島第二原発廃炉は県民集会を開いて実現を・避難者の住宅支援は継続をなど、被災者の生活支援・賠償問題・除染、商工業・農業支援、地方創生のあり方、人口減少・貧困・子育て、高齢者・医療対策、再生エネ、学力偏重でない教育をなど、全面的に展開しました。

SONY DSC

復興支援の名目で石炭火発を増やすために小名浜港の人工島を拡張することはやめるべきなども質問し、再質問・再々質問などで内堀知事に迫りました。しかし、原発推進の安倍政権に対してものが言えない、国の施策に対してもそのまま持ち込むやり方が強く目立ちました。

SONY DSC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください