原発対応本気度が問われる・子育て健康長寿乏しい等、対案を示し予算には反対・討論閉会

17日長かった2月定例県議会が閉会しました。吉田県議が討論に登壇し、3月末に切れる住宅支援は継続すべき、イノベーション構想の問題点指摘、原発対応本気度が問われる、子育て健康長寿乏しい等、対案を示し予算に反対の討論を行いました。自民・民進は賛成討論。

SONY DSC

議会閉会後、控え室に議長・知事・教育庁等が挨拶に見えました。

SONY DSC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です