11月県議会開会・「(知事選で)経済雇用環境の低迷や農業の厳しい状況を目の当たりにした」と知事。県庁前にタヌキ現れる

 11月29日、福島県議会11月定例議会が開催されました。佐藤雄平知事は「(知事選で歩いて)経済・雇用環境の低迷や農業を取り巻く厳しい現状を目の当たりにした」と。人事院勧告の給与削減は日本共産党の反対のみで一足早く可決しました。審議では、学校の先生で非常勤講師の給与は正規職員の半分くらいですが、このような方々の給与も削減します。

 夕方は「新しい観光推進対策特別委員会」が開かれ、まとめが行われました。

写真は、提案をする佐藤雄平知事。

写真は、討論する神山県議。

写真は、控室で議案の審査。

写真は、県庁前の噴水に紛れ込んだ狸、環境担当の職員に捕獲されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください