福島市を中核市に同意議案等・東電新経営陣の問題等指摘・総務常任委員会審議。

29日、総務常任委員会でした。総務部は、補正予算とエコカー減税や個人情報保護と情報公開条例の一部改正条例、福島市の中核市同意など12件でした。

原発事故関連では、東電が新体制になりましたが、凍土遮水壁問題で東電が事実に反した説明を原子力規制委員会に説明したことについてと、双葉町がまだ全面避難中にもかかわらず、東電の社長が一部避難解除されていると発言したことについて県当局に事実確認と今後の対応を求めました。東電の県民不信が広がっている状況です。

それにしても、執行部提出の議案審議についてほとんどの議員が発言しない(一人だけ発言)ことには驚きますが・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です