「川村隆東電会長のトリチュウム汚染水の海洋放出発言と福島第二原発廃炉を明言しないことに関する」申し入れ・内堀福島県知事に

表記のような申し入れを行いました。対応した小野和彦危機管理部長は、東電新執行部が知事にあいさつに来た時、第二の廃炉は厳しく求めた、国はトリチュウムに関して委員会を作って進めている最中に突然公に発言した、国東電には丁寧に慎重にと求めたい。知事は現場に足を運ぶべきと申し上げている、などと対応しました。

明日は、東京電力に抗議の申し入れを行う予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です