「県政つくる会幹事会」、「福島原発訴訟集会」

25日、県議団会議、みんなで新しい県政をつくる会幹事会、生業をかえせ地域を返せ福島原発訴訟集会が開かれました。県政をつくる会は、6月定例県議会の報告や今後の取り組みの意見交換を行いました。当面する課題として、国保の県一本化問題・地域医療構想問題・県立高校統廃合問題・避難者の生活問題等でした。

原発訴訟集会は、裁判の報告や今後の行動計画、全国との連携など、全国12000人に広がる支援の中で世論を広げ、原発事故を二度と起こさせない、そのための原発再稼働を許さない戦い、原状回復をさせることや終わっていない被害に対する賠償など様々な角度からの提起がありました。

岩淵とも参議院議員(共産党)のあいさつ、増子輝彦参議院議員・金子えみ衆議院議員(民進党)のメッセージがありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です