側溝土砂上げ・共立病院職員不足・暮らしの厳しさなど、泉地域で懇談会

30日、泉地域で日本共産党の議会報告と懇談会でした。伊藤浩之市議・私宮川えみ子が報告しました。原発事故で放射能汚染された側溝の土砂の持っていき場がなく処理が進まない問題、共立病院の医師・看護師不足問題、年金が減らされ暮らしが深刻になっている問題など質問や要望が出されました。

安倍政権の下で格差の政治が進み暮らしの厳しさが深刻になっている、安倍政権に代わる新しい政治が必要、野党と市民の共闘で政治を変える力を大きく前進させたいと皆さんの協力を訴えました。

懇談会に先立ち、いわき市・田人にある四時ダムのダム祭りがありました。山の管理の重要性、自然に親しむ楽しい機会にしてほしいなどのあいさつがありました。どの地域も同じですが、少子化過疎化の下で準備の方も頑張っていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です