大震災原発事故被災の中小商工事業者に支援強化を・商工会福島県大会

30日、第29回商工会福島県大会が開かれました。東日本大震災と福島原発事故から6年8か月過ぎたが、半数の避難事業者は事業再開に至らず、風評被害も継続している、被災企業の支援を、小規模企業支援を、持続的発展に向けた支援を、組織基盤の強化と会員サービス充実支援をなど決議しました。

大規模店舗や経済格差、人で不足など地域の商工業や中小企業に国も地方ももっと真剣に取り組むべきです。雇用など地域で頑張っているのは中小商工業などですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です