12月定例会開会・議会知事表彰・教育署名提出

5日、福島県議会12月定例会が開会しました。内堀知事が提案要旨を説明、90億9千8百万の補正予算と106件の議案が提案されました。全国都道府県議長会と知事からの10年の表彰をいただきました。(上の写真は、福島民友の水野智史記者からの提供)議会終了後、「教育予算を大幅に増額し、教育条件整備充実と保護者の教育費負担軽減を図る」教育署名の請願署名提出がありました。正副議長に1万9千338人の署名提出です。その後、提出者の皆さんと共産党県議団と懇談しました。南会津での特別支援学校高等部の分校が欲しい、職業・美術・家庭などの講師や教員の方の学校掛け持ちが2~3校になってて本人や学校教員の負担が大変、初任者研修の補充が来ない・毎日いるのが教員・正規教員を、教員採用の年齢45歳までの改善で教員確保を、部活の厳しさと全くのボランテア化、保護者の教育費の負担が重い、などなど、緊急深刻な改善も含めて多様な要望が出されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です