新年度予算要望で知事申し入れ・県庁は雪

23日共産党福島県議団は、2018年度予算に関して内堀知事に申し入れを行いましたた。安倍政権が進めようとしている①憲法9条改定の国会発議をしないように②政府は唯一の被爆国として核兵器禁止条約に署名をすること③原発事故を起こした国と東電に対し、福島生業裁判は法的に断罪した、真摯に受け止めよ④福島第二原発を早急に廃炉に⑤エネルギー基本計画は原発と石炭火発の中止を⑥労働法制改悪中止⑦医療介護年金対策⑦消費税10%中止を⑧人口減少少子化対策などを国に言うべきことをなどを中心に、

申し入れは今日でしたが、昨日から大雪の予報でしたので、いわき市から前泊して対応しました。重い雪でヒマラヤスギの雪はなかなか芸術的でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください