東電新会長が福島第二原発廃炉を否定・自衛隊の若者を危険にさらす憲法9条の改定は中止を」地元区長会ご挨拶

26日、地元区長会があり県議を代表してご挨拶をしました。ご挨拶は県議間で回り番です。原発避難等の影響で医師・看護師不足が深刻、急病の知り合いが救急車が来ても受け入れ病院がなく1時間半足止めになった、若い人の住居対策、お年寄りの足確保などに取り組んでいるなど。そして、東電新会長の福島第二原発廃炉否定の発言は許せない、自衛隊の若者を危険にさらす憲法9条改定は中止をなども挨拶に。その後、席を回り個別にご挨拶をしたら、「よく言ってくれた、その通り、共産党に期待してる、早くアベにやめてもらいたい、企業献金や政党助成金もらわないのは良い、原発は絶対反対だ・・・などなど」、1時間半にわたり70人以上の方々と対話をしました。中には赤旗読んでる、いい新聞だなどと言う方も。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です