市田副委員長の国政問題・県政は神山県議・生業裁判は鈴木弁護士・活動交流は皆さんと。

17日~18日、県内女性学習交流会が開かれ、市田副委員長の総選挙総括から北朝鮮問題、神山県議からは県政問題、鈴木弁護士からは生業裁判の報告、参加者の皆さんからは地域での3000万人署名集めの報告などがありました。市田副委員長は北朝鮮問題で、絶対戦争を起こしてはならない、ああいう国だから何をするかわからない、アメリカと北朝鮮で偶発的・誤算が心配、世界の戦争のほとんどが誤算で始まっている。アメリカと北朝鮮と直接的対話が必要、何のために経済制裁・圧力をかけるのか、対話のためにやることだ。国連総会でも対話が必要とドイツもフランスも主要国も含めて言っている。平昌オリンピックで超党派の日韓議連の一員として志位委員長が訪韓、自民党の額賀議員のあいさつの後に志位委員長が乾杯の音頭を取った。平和の祭典を契機にして。アメリカのペンス副大統領が記者会見で、圧力を強めるしかし、対話を求めてくれば無条件で応じる(流動的だが)と。しかし、安倍首相はその中でも極めて異常、軍事的対応をけしかけて、文大統領に内政干渉するなとまで言われている。軍事力・核を使うことがどうゆうことか、非常に危険な対応は安倍さん唯一人だ。などと講演しました。

鈴木弁護士の、生業裁判の判決の問題では、国と東電は2002年中に15mの津波を予想していた、想定はしていたがやらなかったでは済まない、被害者同士の不和を乗り越えて、原告になった人だけが救われることの無いように、被害住民が前を向くきっかけを持てるように、などの話がありました。昼の勉強は素晴らしかったことはもちろん、夜の勉強はそれ以上に素晴らしかったでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です