県外避難者約8割帰れない・新潟県の調査・本当は福島県で調べるべきこと。

28日、日本共産党・宮本しづえ議員の追加代表質問でした。原発避難者の約8割が故郷に帰還できていないと新潟県が調査結果を発表しました。宮本議員は本来は福島県民のことなので福島県が行うべきこと、原子力事故の検証や県民生活の影響等福島県独自に行うべきと知事等に質問しました。県民の健康づくり、国保事業、子育てと若者支援、賠償、再生エネルギー、只見川の水害防止、NECプラットホーム福島事業所統廃合、企業立地による多額の累積欠損など質問しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です