風力発電の集中立地を規制せよ!・知事は原発推進の東電と経団連会長に抗議を!・総括質問

16日、日本共産党を代表して総括質問を行いました。阿武隈地域に集中立地している特に入遠野地区の(仮)三大明神風力発電と(仮)遠野風力発電について集中立地で住民の暮らし財産、命まで脅かされると中止を求めるよう質問しました。県の態度は住民の立場に立てず県独自のルールを作ることも言いませんでした。【写真上は、事業者の説明通り立地されればこのよう風景になると想定されます】

原発推進発言の東電・川村会長と経団連・榊原会長の発言の撤廃と抗議をするよう知事に求めましたがこちらも情けないことに何も言えない態度でした。

新たに学力テストを導入する事の中止を求めましたが、これも予定通りやるとのことです。福井県が全国学力テストで10年間全国トップだったが、子どもが「指導死」したことで県議会が見直しを求めています。学力を求めるあまり教員が不適切指導をしたのではないか、多忙化で精神的ゆとりを失ったのではと報道されていることなどを紹介しました。

 

風力発電の集中立地を規制せよ!・知事は原発推進の東電と経団連会長に抗議を!・総括質問” への2件のコメント

  1. 県議会での総括質問、お疲れさまでした。風力発電のことも集中的に建設すれば様々な問題が出てくるのですね。自然エネルギーのことも住民を第一に考えなければなりませんね。学力テストのことも、子どもたちの勉強にどんな影響を与えているのか、先生方の意見を聞いて考えなおしてほしいです。この4月から我が家の小学校4年の孫も福井市に転居します。福井の教育行政が心配です。

  2. 塚田惠子さんへ
    コメントありがとうございました。
    チョウチョウハッシの総括質問は、厳しいです。約2週間にわたり10時間以上を毎日、調査文章書きに費やしました。
    政治の矛盾がますます大きくなっている安倍政権の下で、対応も厳しさを増していますね。
    宮川

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です