いわき市遠野地区の二つの風力発電中止・福島県阿武隈地域風力発電集中立地規制について・参議院で質問

風力発電の集中立地が大問題になっています。「いわき市遠野地区の二つの風力発電事業中止・福島県阿武隈地域風力発電集中立地規制について」4月5日、参議院経済産業委員会で、日本共産党いわぶち友議員が質問しました。インターネット中継でも見れます(参議院・質問・経済産業省・日付け・岩淵友で見て、質問の後ろの方の原子力賠償の次です)。この図面は、事業者の説明を受けて、遠野地区の環境を守る友の会が図面化したものです。山の三分に一位の高さの風車がこのように集中立地され、がけ崩れや水源(澤水等利用地区)に悪影響を及ぼしかねなか、低周波・超低周波等の心配もされています。

風力発電関係はP9からです

20180405 [議録抜粋_未定稿]参経産委 大臣所信 岩渕Q60

20180405 [質問資料1_避難指示区域の概念図]参経産委 大臣所信 岩渕Q60

20180405 [質問資料2_東京電力による商工業の営業損害の一括賠償の実績]参経産委 大臣所信 岩渕Q60

20180405 [質問資料3_原子力損害賠償組織体制 要員の推移]参経産委 大臣所信 岩渕Q60

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください