「考えられない嘘つき内閣」「毒を食らわば皿まで内閣」「改憲の旗を降ろすと自滅内閣」。各地区から要望いろいろ。

加計学園問題でいよいよ大ウソが明らかになりました。これでも居座るの!?の声です。志位委員長の(20日付け赤旗新聞)全国革新懇の特別発言が面白いです。6野党がこれまでにない結束で国会に取り組んだ、国会の会期残り1か月、働かせ方改革・カジノ法案など毒を食らわば皿までの状況になっている、安倍首相がボロボロになっても改憲の旗にしがみつくのは、旗を降ろしたとたんに求心力を失うからなどです。また、森友・加計問題など次々に出てきたのは、2015年の安保法制(戦争法)・憲法改正の改ざんをやって、森友改ざんなどは痛みを感じなくなったのではとも。来年の参議院選挙は本気の共闘で戦えば、増やす楽しみしかない、今度の改選は32の一人区で自民党だけ(沖縄を除く)なので増やすことしかないとも。子育ても、老後も、働く条件や賃金も壊し、希望の持てない社会にした安倍内閣の一刻も早い退陣を求めます。【上はがけ崩れ対策、下は県道カーブがきつくて危険】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です