一曲の歌が平和を守る実感・平和の集い、消防人油座さん叙勲祝い

22日、いわき市文化センター満杯の参加者の中で、いわきし平和のつどいが開かれました。伊東達也実行委員長が原爆直後死んだ妹を火葬場で焼くために待っている少年の写真を説明しました。平和の歌声の大合唱が響きました。「歌声で平和の力を」と、い歌声が響きました。「原爆許しまじ」の歌を歌うだけで核兵器なくせの思いが強く心に響きました。うたごえ喫茶ともしびの皆さんのリーダーシップは良かったです。

消防人で長きにわたり活躍されてきた、油座盛明さんの瑞宝単光章受章祝賀会がありお祝いを述べさせていただきました。東日本大震災(その1月後の井戸沢断層が動いた地震での田人の大災害)等、活躍されてきたことなどお話しし、祝辞を述べました。ご家族に祝福されてうれしそうでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください