小池晃・福島県日本共産党大演説会・参院選県議選候補紹介

7月29日、小池晃書記局長を迎えての福島県日本共産党の大演説会が開かれました。「ふくしま県市民連合」の坂本恵共同代表は「参院選で何としても(野党共闘で)勝ち抜き、要としての共産党が必ず躍進し、全国を励ましたい」とあいさつ。増子輝彦参院議員(国民民主党)、金子恵美衆院議員(会派=無所属の会)、三保恵一・二本松市長がメッセージを寄せました。来年7月に予定されている参院選候補や同じく10月頃?予定されている県議選候補の紹介がありました。【小池晃書記局長・参議院議員】

小池書記局長は、安倍政権の福島切り捨てに怒りが広がり福島県では内閣支持率が2割台であることにもふれながら、通常国会での数々の暴走を告発。「参院選で市民と野党の共闘の勝利、共産党躍進をかちとり厳しい審判を」と訴え、力強い拍手と「そうだ」の声が飛び交いました。ユラックス熱海の会場での演説会としては、最大の1800人の参加で、250人の方がアンケートに答えてくれました。また、西日本豪雨災害の募金も多額に寄せられました。早急に関係者や自治体に届けたいと小池晃さんからお礼の言葉がありました。【紙ともこ参議院議員】

初めての参加者が大変多く、私の地元からも初めてという方が何人もいて、政治への関心、安倍政権を変えたいという思いがあふれていました。【参議院福島選挙区予定候補・野口徹郎予定候補】

県議候補もご挨拶と紹介が。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です