「県の住宅リフォーム支援制度」の実現めざし「署名」の取り組みの申し入れ

11日、日本共産党いわき双葉地区委員会は、「県の住宅リフォーム支援制度」実現をめざし、「署名」の取り組みの申し入れを行いました。訪問したのは、いわき建設業協同組合・いわき市商工会議所・いわきウイング建設組合(全県総連)・いわき民商です。建設業協同組合では諸橋専務が対応してくれ、「法人税減税と言っても恩恵を受けられるのは、ほんの一部。(住宅リフォーム制度)は良い制度、仕事を増やしてもらいたい、税金を納められるようにしたい」と言い、商工会議所では「(現在の)いわき市の住宅リフォーム制度」も含めて、住宅兼店舗もこの制度が使えるようになればいいですね」と要望されました。共産党が赤旗新聞で取り上げているのは知っている、他県でこの制度をやっていて仕事が増えていることも知っている、県でもやってくれると助かります、とか、早速署名に取り組みたいと言うところもありました。

写真は、申し入れと懇談。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください