台風で風力発電支柱倒壊!強度についてのルールは?

日本列島次々に大型台風が。猛烈な暑さや豪雨、福島県中通りと会津は渇水です。民放放送のコメンテーターの方が「軍事費削って災害対策に」と言っていましたが全く同感です。軍事費の概算要求は過去最高の5兆3千億円です。今日・24日の朝のNHKニュースで、風力発電の支柱が台風で倒壊とありました。強度基準はどうなっているのでしょうか?調べてみたいと思います。

いわき市のHさんから、早速投稿がありました。

「私もテレビで見ましたが、オイル漏れがあったかどうか確認できなかったのが残念。この事例に関しては基礎工事の手抜きに見えますね。今の風車からすれば小型ですが、基礎のコンクリート部分が小さすぎる」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください