「小林多喜二の話では感動した涙が出た」という人が、関田懇談会

1日、関田公民館の懇談会では20人もの方々が参加してくれました。原発問題を中心にした議会報告やカラーパンフで共産党の目指す世の中づくりを話しました。参加者の皆さんからは、日本の上空がきな臭い、公明党はむかしは良かったのか?安倍は国を守るというが国民を守るとは言わないなどの質問や意見が出されました。また、カラーパンフレットで共産党の96年の歴史をの話をしたら、戦前から反戦平和を貫いたのはすごい、小林多喜二の話では涙を流して感動したという方も。地域の要望ではサイクリングロードづくりは進めてほしいという意見も。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください