応急仮設住宅の無償提供を国の避難解除指示より先に打ち切る方針の撤回を・共産党一般質問

25日、今日と明日は一般質問です。今日は神山議員が一般質問に登壇しました。応急仮設住宅の無償提供を国の避難指示解除より先に打ち切る県の方針の撤回を求めました。知事は、復興公営住宅もほぼ完成したし早く生活設計を立ててもらうといいます。しかし、7年も暮らせば学校や仕事や近隣との関係が深くかかわっているわけですから、«ハイそうですか≫とはいきません。まず意見をよく聞いてそれから対応と言うのが筋です。結論を決めてそれから意向調査!?真逆ではないでしょうか。神山議員は、避難者問題のほか、浜通りの医療介護、最低賃金の引上げ、復興事業を支える職員の確保、福島第一原発の廃炉作業について、水道事業の民営化法取り下げを求めよ、障がい者支援、難病患者支援、子育て支援と貧困対策、教育行政(教員多忙化等)などです。傍聴に見えた皆さんと懇談。詳しくはまもなくアップされる共産党福島県議団ホームページからご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください