小名浜人工島へのさらなる税金投入は問題・阿部議員が討論・議会閉会

3日、議会最終日で各議案に対する討論と採決が行われ、福島県議会9月定例議会が閉会しました。阿部裕美子県議が日本共産党県議団を代表して討論を行いました。原発・トリチュウム汚染水の海洋放出については、県民の意見を最大限に尊重する事を求める国への意見書は全会派が一致して提出されました。

主要農作物種子法の復活を求める意見書は、共産党・民進党が賛成しましたが、自民・公明が反対で否決されました。憲法9条改憲反対の意見書は、共産党・県民連合の一部の賛成でしたが否決されました。 所得税法56条の廃止を求める意見書は共産党だけの賛成で否決されました。

議会終了後には、いつものように、議長・知事・教育長・警察本部長が控室にあいさつに見えました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください