国・東電にはっきりモノ言う知事こそ県民の願いにこたえられる。自民・公明の応援を受けて国にはっきりものが言えますか?と。

14日、みんなで新しい県政を作る会・町田かずし知事候補がいわき市を駆け抜けました。日中は中岡のスーパー前等で街頭から訴え、夜は内郷で各団体による決起集会でした。私は、応援演説と県政問題をお話し支持を訴えました。町田候補は、汚染水放出やモニタリングポスト撤去問題などをあげて、国・東電にはっきり物の言える政治こそ県民の願いにこたえられる、最初から自民・公明の議員の応援をもらい、行動隊も自民・公明の議員では、国にものが言えなくなるのは当然と批判しました。迫力も道理もあって、しかも実現可能な具体的政策、ハートある話、みんなの心をひきつけました。ぜひ知事になって欲しいと皆さんの声です。決起集会では、いわき市労連・新婦人いわき支部・県教祖いわき支部・年金者組合いわき支部・いわき民商・いわき革新懇・日本共産党いわき双葉地区委員会がそれぞれが要望を出してともに頑張ることを決意しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください