六次化産業の取り組みなど調査・農林水産常任委員会in沖縄

1月28日~30日農林水産常任委員会で、総合的な農業関連支援事業を調査してきました。

農業生産法人(株)あいあいファーム(国頭郡今帰仁村湧川・くにがみぐんなきじんそん)は廃校利用の総合的な教育ファームについてです。【廃校利用でホテルまで】農業生産法人有限会社勝山シークヮーサ(名護市勝山9)では、地元産のミカン(柚子とミカンの間的なもの)での総合的商品販売など苦節10数年の成果です。【シークヮーサの様々な製品、地元の農家の方との一致した取り組みです】【シークヮーサの木は、かなり長期的に持つそうです。今は実はなってませんでした】

名護市では、なごアグリパークの概要及び6次産業起業家支援についてです。農業は台風との闘いとの事。豊富な野菜もそんな苦労があるようです。国頭村大宜味村(おおぎみそん)農業委員会では、不在地主・相続未登記農地の集積についてです。沖縄は4人に一人の住民が戦争で亡くなっています。持ち主不明の土地は多いようです。【役場の前には、憲法9条の碑がありました】

島尻郡南風原NPO法人のぞみの里では、障がい者者の方が参加する食物残差利用のリサイクル事業についてです。

【お墓は立派です】

町の中に米軍の基地が隣り合わせ。しかも日本の国内なのに住所がカリフォルニア。バスガイドさんは、行く先々で、ここは毒ガス撤去で頑張ったところ、ここは米軍の生活道路封鎖で軍事演習をやっていたがやめさせたところ等説明してくれました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください