過疎化・孤独化・地域沈下・政治が行き渡る施策を。

議会が終わり、街宣や地域訪問を行っています。久々に議会活動報告を持ち、赤旗新聞の購読を進めたりしながら、地域要望や困りごとを聞き参院選と秋の県議選に向けての訪問活動をしました。よく来てくれたね・変わりないね・ここ見ていって等の歓迎の言葉と同時に、隣は子どもさんの所に行ってしまっていないよ・亡くなったよなどの言葉も。私の住む地域はいわき市の南西のはずれで旧炭鉱のあったところも多く、地域的にはひどい過疎の所も多いです。元気なお年寄りもいましたが、政治が地域に行き渡っていないとつくづく思いました。夜には商工会議所の懇談会がありましたが、国会議員(自民党)や市長などのあいさつが、なんだか上から目線で,日中訪問したお年寄りのための施策が全くない、何のための政治かとつくづく思いました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください