「TPPは検討状況を注視する」と知事、注視でいいのでしょうか。福島県議会2月定例会開会

2月17日、福島県議会2月定例議会が開会されました。会期は3月16日までです。今日は佐藤雄平知事の提案理由説明でした。TPP・環太平洋パートナーシップ協定については、「関係国との協議や国における検討の状況等を注視する」と、人ごとのような説明でした。北海道や他の東北の知事が絶対反対の態度を示していることと比較して、農業県の知事とも思えないような他人ごとのような発言でした。

福島県の経済情勢は持ち直しの動きが弱まっている、12月の有効求人倍率も0、47と低い水準、今春卒業予定の高校生の就職内定率も、82、9%と(1月末)前年同期より3、6%改善しているが厳しいといいます。しかし、思い切った新たな政策は見えないと思いました。

写真は、控室で知事提案理由説明を検討しながら質問準備。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください