多数の県民の願いに応える議会に・宮川議員が討論。6月定例会閉会。参議院選挙スタート。

4日、私は(宮川えみ子)6月議会最終日に当たり、日本共産党県議団を代表して討論を行いました。今議会は継続審査になっているものも含め、多くの意見書・請願が採決されましたが、採決に当たり、多数の県民の願いに応えるべきことを求めました。消費税増税中止関連、日米地位協定見直し・オスプレイ飛行中止・憲法9条改正反対、県独自の学力テスト中止・原発再稼働中止など原発関連、介護・生活保護・給付型奨学金・保育・学校給食等多岐にわたっています。私が討論で取り上げたものの賛否は、自民党は全員反対、県民連合は一部(憲法9条変えるなと日米地位協定は立憲の2人と社民の一人が共産党と同一歩調で)が賛成であとは反対でした。6月定例会閉会しました。閉会後のあいさつをして、参院選のスタートです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください