水野さち子いわき市で第一声・共産党後援会決起集会

5日、参院福島選挙区・野党統一候補・水野さち子さんの、いわき駅前での第一でした。たくさんの人が集まり、水野候補の演説も素晴らしく、心に響くものでした。私の訴えは次の通りです。水野候補の県議会活動は、常に、県民目線・暮らし応援が貫かれており、その熱心さは皆さんの心をいつもひきつけておりました。原発・風評被害は、県内はもちろんですが、会津の観光が大きな打撃を受け、いまだに修学旅行の子どもたちが戻ってこない等、心を痛めていました。立候補の訴えでも、子どもを育てる親としても、原発事故は、史上最大の公害で、甚大な被害を受けた事故の最大の教訓は、原発と県民生活は両立できないと訴える水野さんの姿に心を揺さぶられております。
このような水野さんの思いに反して、安倍政権は、この福島事故に何の反省もなく、第二原発の廃炉も決定しない、40年を過ぎた古い原発を、さらに60年まで運転を続けるなどという無責任さです。
莫大な原発推進予算を地域に根差した再生可能エネルギー・省エネルギーの推進の予算に振り向け、地元経済を活性化させ、未来ある国づくり、地域づくりに振り向けるために、全力をあげていただきたいと思います。

全国一人区ですべて野党統一になって、基本政策も一致した、比例で日本共産党も全力を尽くすと訴えました。

水野候補第一声の前には、日本共産党後援会の決起集会が開かれ、いわぶち友参院議員が活動報告を行い、参院選挙で日本共産党と水野統一候補の勝利の意思統一をしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください