早急な改憲ノーが民意・審判をさかさまに描く安倍首相

21日に参院選では、安倍首相が「改憲を議論する党か、しない党か」と前面に訴えたにもかかわらず、自民・公明・維新の改憲勢力は、三分の二を割り込みました。早急な改憲ノーこそ民意です。海外メディァも「改憲の負託得られず」と報道しています。東京新聞。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください