汗をぬぐいながらの支援の声が・常磐・泉地区街宣。学習会講師も。

10日、週刊赤旗新聞配達後、常磐地区と泉地区を街宣し、参院選のお礼や県議選の政策などをお話しました。参院選は何といっても自民党が9議席減って自民・公明・維新の改憲勢力が参院で三分の二を割って、すぐには改憲の発議を行なえない事の意義は大きいと話しました。そして、民主主義の国家であるなら国民の声を聞いて改憲中止をすべき、日本共産党は9条のある国として、平和外交の要になるべきと求めます、とうったえました。8月6日は広島に8月9日は長崎に原爆が投下された月、8月15日は終戦記念日、暑い夏は平和を考える夏にしましょうと。【常磐地区溝口市議と】暑い中汗をぬぐいながら支援の声をかけてくれる人、車の中から手を振ってくれる人等が多かったです。お昼は手作りのかき氷をいただきました。

午後の泉地区は、新しく開発された商店街等も街宣しましたが、知り合いの方も多く良い挨拶が出来ました。

夜は学習会の講師、お盆になるので参加者は少なかったのですが、皆さんの意見も聞けて良かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください