「参院選結果は憲法改正勢力の三分の二割れ」・県政政策等街宣。県政報告完成。

18日は、スーパー前等で街宣、19日は植田駅前と町通りで定点街宣をしました。参院選の結果は、憲法改正を行う側の、自民党・公明党・維新の会が参院で三分の二の議席を割り込んだこと、民意ははっきりしている、憲法改正の策動をやめるべきと訴えました。11月10日投票で行われる県議選向けでは、共産党の具体的政策を訴えました。若者住宅4万円支援、子育てでは学童保育・給食費無料化・返済不要の奨学金問題など。高齢者支援では、75歳以上のバス代無料化・タクシー代補助など。暮らしでは医師不足・看護師不足・介護士不足対策。街づくり中小企業支援などです。第二原発廃炉が決定しましたが、安全な収束働く人の健康管理・賃金アップ・労働条件の改善などです。6月議会報告が出来上がり、皆さんのお宅には新聞落ち込みで近じかお届けする予定です。

【県議会報告】

詳しくはここをクイックしてください→6月県政報告 完成版_いわき  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください