9月定例会向け政調会

20日、9月議会の政調会が開かれました。9月議会は9日開会、今議会は11日に宮本議員が代表質問を行う予定です。地域からも永久保管地にされるのではないかとの不安がある使用済み燃料問題では、県はあくまで一時的な保管として乾式キャスクを認めたにすぎないことを説明。国の原発再稼働問題と一体で、高レベル核廃棄物の最終処分場をどうするかと言う事です。国が責任を持って取り組まなければならない問題です。今議会に国家公務員宿舎に入居しいる自主避難者の中で、県と契約を交わしてをいない世帯に対し、裁判で退去をもめる方針が示されました。(2年前に調停を申し立てた5世帯)対象に考えていると言います。原発事故さえなければ避難する必要などなかった人たちを個人責任にして生活基盤を奪う福島県政は、冷たいとの批判が出ています。
教育委員会が今年度から小学4年生から中2年生 対象に始めた学力調査について、公表しないと答弁。経年で同じ問題が解けるかどうかを調べるため公表しないとの理由。教師にも本人にも保護者にも問題を公表しないでは指導に生かせず、何のためのテストなのか?中止を求めました。また、県立高校改革の名で進めている高校統廃合について、県は23回の改革懇談会を開いてきたと報告、出された意見を踏まえて教育の内容を検討し学校の魅力を高めるといいますが、統廃合の結論ありきです。国も地方も挙げて人口減少、地域創生に取り組む中で、地域文化の核となる高校を無くすのは全く真逆の施策です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください