リフォーム支援事業は「経済活性で効果はある」と、商工労働常任委員会

8日、常任委員会は商工労働部でした。福島空港のあり方を「有識者で懇談会を開いて検討すること」について、廃止も含めて検討するのかとの質問に、本会議で知事が言ったように、いかに効率的に・新たな展開を目指すと答弁し、廃止は検討に入っていない事を示しました。その他の事項で、住宅リフォーム支援事業については、「土木委員会は請願が採択された、経済効果はある、他県・市町村も多くやっている事は承知している、効果を検証・研究する」と言います。企業誘致・外国進出・金融融資等の政策はありますが、中小零細業者地元業者対策があまりにもないということも含めて住宅リフォーム支援制度は最適と、早急な実施を求めました。

写真は、常任委員会の机で。

写真は、私の机、ずいぶん勉強しているように見えるでしょう?

写真は、のびのびと葉を広げている観葉植物。

2 thoughts on “リフォーム支援事業は「経済活性で効果はある」と、商工労働常任委員会

  1. 宮川えみこ県議会様、常任委員会お疲れ様でした。
    県議会の様子は観たことがないので、
    ブログで紹介してくれるのは嬉しいです。
    県議会の委員会は大変ですし、資料が分厚いことに驚きました。
    宮川えみこ県議会様、頑張っていますね。
    応援したくなります。

  2.  コメントありがとうございました。見ていただく人がいるということは、とてもうれしいです。
    わかりやすくコンパクトに届けるために今後とも努力したいと思います。議員の仕事はわかりやすく議会の様子を知らせるということが大事と思います。そうしてこそ、ご意見も頂けると思います。今後ともよろしくお願いいたします。
     
     宮川えみ子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください