土砂災害の危険が重大な三大明神風力発電建設中止、子育て中の若者や低所得者への賃貸住宅家賃の補助を、高校統廃合の再考、原発労働者の待遇改善等、総括質問。

10月1日、総括質問を行いました。取り上げた項目は①原発汚染水は地上保管を②原発労働者の健康管理と待遇改善等③子育て中の若者や低所得者への賃貸住宅家賃の補助④土砂災害の危険が重大な遠野地区の三大明神風力発電建設中止⑤遠野高校と湯本高校・小名浜高校と海星高校の統廃合の再考をと質しました。 知事には、汚染水問題で県民の声を代表して地上保管を求めよと。三大明神風力発電事業では、パネルを示して土砂災害の危険性等を示し、最初から住民合意を求める姿勢の無い事業者に対しては中止を求めること、国に対し「環境影響評価の知事意見」でも指摘した危険性を何らクリアしていない現状を国に届けるべきと質しました。以下は、総括質問のあらましです。基本の原稿で精査はされていません。参考程度で見てください。後ほど精査します。

<総括>質問内容

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください