野党共闘画期的前進・「桜を見る会」逃げ切り許さず、国会閉会後も衆議院内閣委員会を開き質疑応答を開くことに与野党合意。

国会閉会のあいさつで志位委員長は「桜を見る会」逃げ切り許さず、国会閉会後も衆議院内閣委員会を開き質疑応答を開くことに与野党合意。疑惑の構図が森友加計疑惑と似ているが、今回は①関係者が極めて多い・数千人の関係者②ジャパンライフ等被害者が数千人規模③政治資金規正法・公職選挙法・業務上横領・背信罪・公文書管理法・財政法の各違反、そして、安倍首相に直結していると述べています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください