内水浸水・玉川団地。消費税増で確かに不況進行。

18日要望があって、坂本市議と地元の後援会の方と玉川団地の浸水被害現場を調査しました。こんな所になぜ浸水被害?と思うような感じですが、団地造成(55年くらい前に県が造成と聞きましたが)の時に、それまでの川が曲げられ変則になり団地からの雨水が集中するようになったようです。いつも水が集まってくると言いますが、今回の集中豪雨で一挙に雨水が集中し住宅が床上浸水になったとの事。車も水没し、窓ガラスを割って脱出した方も。お年寄りが2階に上がれず覚悟したとの話で深刻でした。 地元としては、すでに市に要望したと言いますが、改善が早急にされるかどうか、時間がかかるのかどうかと心配されていました。坂本市議からも市に要望をして、担当課に聞いてみるとの事。【上の写真は、ネックとなっていると思える排水】

私も、内水面での改善要望で県の造成した団地なので予算確保ができないかどうか質したいとしました。

確かに消費税増税は、景気の悪化の要因になっている、5%引き下げで景気回復は喫緊の課題です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください