高校統廃合に自民党からも異論続出、県民連合からは福祉切り捨て問題が、総括質問続行。

17日~18日総括質問でした。高校統廃合については自民党からも結論ありきのやり方や地域振興に逆行と異論が続出しました。県民連合からは福島にある大笹生学園や会津にある乳児院の民営化などの問題が出されました。福祉教育切り捨ての県政の大矛盾です。コロナ対策予算の補正が明日議案として提出されます。今日説明がありました。補正総額・4億6100万円。内容①生活福祉資金貸付等補助事業・2億9700万円・学校休業等に伴い20万円まで貸付。②社会福祉施設や幼稚園のマスク等対策・1億1122万円・マスクと消毒液を県が購入して配る当面3か月分くらい。③新型コロナウイルス緊急対策事業・医療・4856万円・医療機関に防護服やマスクやパーテーション対策費、入院自己負担支援。④新型コロナウイルス緊急対策事業・108万円・衛生研究所に。⑤学校臨時休業給食費対策事業・299万円・食さない分返金、市町村分は国から直接。

経済対策の早期支援を求めました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください