大学が続けられるように、青年がコロナ対策要望

30日、大学が続けられるようにと、民主青年同盟福島県委員会が県に対しコロナ対策問題で要望しました。要望では、新型コロナ問題でバイトがなくなった、家からの仕送りもままならないなど、切実な声を届けての要望でした。授業料の減免・給付型奨学金拡充・インターネット授業への支援・バイトでも対象になる雇用調整助成金制度が徹底されるようPRをしてほしい、食べることもままならない青年への具体的切実な支援をなどでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください