火事場泥棒のように強行されようとしている「検察庁法改正案」反対の声を!

コロナ禍に隠れ、検察庁法が歪められようとしています。
検察庁法では、高検検事長を含む検事の定年は63歳と定められていますが、安倍政権は、内閣の意向によって検察幹部の役職定年を延長できるようにする「検察庁法改正案」を提出しました。
これは、安倍政権が法律を無視した閣議決定によって、黒川弘務東京高検検事長の定年を8月までの半年間、延長したことを合法化するためです。検察の中立性、独立性を失う法改定であり、三権分立を脅かすものとして、野党は激しく批判しています。森友加計学園問題、桜を見る会問題、自分が逮捕されないための改正であることが見え見えです。 Twitterではハッシュタグ「#検察庁法改正案に抗議します」が400万件を超えてツイートされ、トレンドのトップ入り。多くの市民や各界の著名人も次々と、この法改定案や安倍政権のやり方に対して、疑問・不信・反対の声を上げています。

【しんぶん赤旗】検察庁法案 空前の抗議
https://www.jcp.or.jp/akahata/aik20/2020-05-11/2020051101_02_1.html

緊急事態宣言のもと、生活への不安が募る中、火事場泥棒のように強行されようとしているこの法改定、一挙に世論を盛り上げましょう。それにしても福島県いわき市出身・森まさこ氏・秘密保護法に続き恥ずべき態度です。 街頭に続いて、電話でもコロナの困りごと相談にのっています。赤旗新聞を読んでみたいという方も。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください