コロナ対策に全力を、6月定例県議会に向け共産党の政調会開かれる

28日、コロナ対策を全力にと求める、6月定例県議会に向け共産党の政調会開かれました。国からの第二次補正予算をにらみながら、県独自に政策を推進する事を求めました。保健福祉分野では、PCR検査の在り方思い切った拡充、病院支援など。商工労働分野では、各種協力金や支援金は50%の縛りでなく実態に合った支援を、飲食店前払い利用券発行支援事業、福島県民限定の宿泊割引支援など。教育庁では、子どもの健康や長期休業を受けての子どへの対応について、暑さ対策への扇風機や電気代への予算配分をなど。農林水産部では、花き・漁業・野菜・果物等値崩れ対策をなどです。補正予算額は70憶円程度か?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください