安倍首相の辞任表明を受け早い段階の解散・総選挙がありうる情勢?!

安倍首相の辞任表明を受け、16日には新たな首相を決める臨時国会が開会されます。早い段階の解散・総選挙がありうる情勢になってきました。同時に、メディアでは「自民党総裁選」の政局報道が連日流されていますが、「安倍政権の7年8カ月をどう見たら良いのか」「どうすれば安倍政治にかわる政治をつくれるのか」といったモヤモヤした思いも広がっているのではないでしょうか?

「後継候補」が、安倍政治の継承を掲げており、安倍政治との決着は総選挙でつける必要があります。JCPサポーターは、市民の皆さんの様々な疑問や関心に向きあい、解散・総選挙に向けた取り組みを考えていきたいと思います。

【しんぶん赤旗――日本共産党の躍進で、「安倍政治」を名実ともに終わらせ、新しい日本を】志位和夫委員長が東京・新宿駅前の街頭演説で、「総選挙にどういう姿勢でのぞむか」「コロナの体験を踏まえて、どういう新しい日本をつくるか」を訴えました。

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik20/2020-09-10/2020091004_01_1.html

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください