【①自助②共助③公助】菅新内閣、政治は一番最後。

日本共産党副委員長・市田忠義、自助も共助も充分やってきました。絆は言われて生まれるものではありません。圧倒的に足りていないのは公助です

小沢一郎
志位和夫
「安倍政権の継承」を最大の看板に掲げた菅氏を総裁に選んだということは、自民党全体がこの道を選択したということだ。 しかし、内政、外交、政治モラル、コロナ対策、どの問題をとっても「安倍政治」の行き詰まりは明らかであり、行き詰まった道を「この道しかない」と突き進むことに未来はない。
望月衣塑子
菅総裁で「視点」執筆 モリカケ疑惑の調査をうたう石破氏を潰すため、論戦前から5派閥が菅氏支持を表明。 また、地方票が取れなかった岸田氏を2位にするため一部派閥が岸田氏に票流す話も流れていた。 #自民党 の中に自浄能力が全くないことが示された #総裁選 だった

 

【①自助②共助③公助】菅新内閣、政治は一番最後。」への2件のフィードバック

  1. 市議選、お疲れ様でした。
    高橋氏と迷いましたがかんの氏に投票しました、お二人とも当選してよかったです。
    それにしても安倍後継選び、過程も結果もまさに天下の茶番でしたね。
    まったくの出来レースを、自民とマスコミが無理やりワクワクドキドキのイベントに仕立て上げて空騒ぎの大騒ぎ。
    そして単なる派閥争いの結果をあーだこーだと意味づけして、また騒いで、ひと粒で二度おいしい、と。
    それにしてもおよそ二十年前、かの小泉氏は「派閥をぶっ壊す!」と叫んで劇場型政治を完成させたものですが、なんだ派閥大健在じゃないですかって(笑)。
    そして当時小泉バンザイしていたマスコミが、今では派閥を所与として喋っている。
    やっぱ信用ならない連中です(笑)。

    噂の段階ですが、総選挙も近いといいます。
    どうせ一方的な解散で仕掛けられるでしょうから、油断のないようにしたいものです。

  2. 十澄様へ
    お久しぶりにコメントありがとうございました。
    市議選出遅れましたがありがとうございました。総選挙に向けてまた頑張ります。
    赤旗新聞・日刊は3497円、週刊赤旗新聞930円、購読はどうでしょうか?
    それでは、また。
    宮川えみ子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください