各団体訪問・教員組合では多くの課題が。

23日、日本共産党いわき双葉地区委員会・熊谷とも委員長、吉田英策・宮川えみ子県議、高橋明子・菅野宗長新市議と各団体訪問を行いました。留守のところも多かったのですが、商工会議所、教員組合、医師会、全港湾労組を訪問しました。選挙のお礼と衆議院選に向けての共産党の政策等を資料としてお届けし懇談をしました。商工会議所前で。教員組合は書記長と懇談、コロナ禍の子どもたちの状況、先生方の苦労、要望等お聞きしました。土曜授業も5回やって終わった、冬休み前後合わせて2日短縮して一応コロナで遅れた授業は終わったが、課題は多い。7時間授業では子どもたちはつかれていた。学習指導員は何人かは入ったが臨時免許でできるので。産休代替え教員は本当に見つからない。スクールサポートスタッフはなかなか見つからない等。

熊谷とも委員長は、3人の小学生を持っている長時間授業でなかみが伴っているかどうか大変心配している等、市・県は、現場の声を十分聴いて対応してもらいたいとの話になりました。全港湾労組前。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください