いわき市の海岸線と漁港を歩き、皆さんの要望を聞きました

26日、勿来地域の海岸線を歩き、昨日からはいわき市の全海岸線と漁港を歩きました。歩いたのは、小名浜・永崎・江名・豊間・薄磯・四倉・久ノ浜などです。大小はありますが、津波は本当にひどかったです。漁業はこれからどうなるか、住民の暮らし支援と漁業には国の支援が絶対的に必要です。一番ひどと思われたのは、薄磯海岸の集落です(薄磯は別ブログで)。久ノ浜も津波と火災で壊滅的でした。久ノ浜は原発に近いということもあって住民の姿はあまり見えず、消防・警察・自衛隊が行方不明者を捜索してました。

写真は、小名浜・見る影もないアクアマリンとその周辺。


写真は、小名浜高校。


写真は、腹を出して沈んだ船。

2 thoughts on “いわき市の海岸線と漁港を歩き、皆さんの要望を聞きました

  1. 僕が過去に何度か行ったことがある小名浜港とアクアマリンふくしまが、こんなひどい状況になるとは・・・。

    今は、そこには、もう来れないです(涙)。

    将来、いわき市の復興作業が完了したら、行けるかもしれません。

  2. エルさま
    アクアマリンは私の家から30分もかからず、孫たちとよく行きました。子ども館で釣りをして魚を料理して食べました。夢のような色の魚が目に浮かびます。何とか再建できればと思いますが、人間がまず先ですね。でも何とかさせたとも・・・。
    宮川えみ子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください