日本共産党福島県委員会・いかに原発事故10年を迎えるか

15日、日本共産党笠井亮衆議院議員、岩淵友参院議員を迎えて、日本共産党福島県委員会はいかに原発事故10年を迎えるかの課題で意見交換会を開きました。多方面からの状況や議論んがなされました。再エネは課題がある、分散型でやろうとした2019年6月に出した法案がたなざらしになっている活用してほしいなどの提案も出されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください