いわき市に、土砂災害の安全評価がなく・土石流の危険を増すおそれが高いことに加え生活用水の汚濁や渇水を引き起こす可能性があると三大明神風力発電事業の中止を求める要望

23日、「遠野町の環境を守る友の会】が、三大明神風力発電事業の中止を求めるよういわき市に申し入れを行いました。

  • 三大明神風力発電計画は、土砂災害の安全評価がなく、土石流の危険を増すおそれが高いことに加え、生活用水の汚濁や渇水を引き起こす可能性がある事業計画であるため、いわき市として、事業停止を求めること。
  • いわき市として、事業地域の保安林解除に対してはこれを認めない事。についてです。
  • 【申し入れ全文は以下の通りです】
  • 2020-12-23三大明神風力発電いわき市要望書-3改                                                                                                                                   福島県は、三大明神風力発電事業予定地域で昨年の台風で土砂災害を引き起こした地域の調査を行っています。このような地域に事業認可していいのでしょうか。Tさんは「猪を追いかけて毎日この地区を歩いている、こんなところに風力発電を作るなんて常識では考えられない、絶対中止をしてほしい」と強く訴えました。
  • 【下の写真は、県が調査に入るために地元に回覧板として回ったもの】

    DSC_0446

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください